SOLUTION1 幅広い取扱品目

国内外の豊富な仕入先を確保し入手困難な鋼材・製品も「必要なものは何でも揃う」体制を構築しています。

阪和工材の仕入先は国内各地のみならず、世界各地に広がっており、それぞれに得意分野を持つ鋼材メーカーと緊密な関係を築いています。JFEグループをバックボーンとした業界No.1のスケールメリットを有するステンレス鋼はもちろんのこと、チタンやアルミなどさまざまな素材を取り扱っているため、お客様の用途や使用条件に応じた最適な鋼材を提案・調達できます。

CASE1 海外メーカーのステンレス鋼も調達・加工ともに対応

課題

ステンレス鋼には多種多様な組成のものがあり、それぞれに性質や用途も異なります。また、各国によって規格も異なるため、海外メーカーの特殊な材料の入手や特殊な加工品の調達に、お客様が直接取引先を選定・依頼するのは困難なことです。国内のステンレス流通商社の中には、海外製品に関する取扱い実績の少ない企業も少なくなく、お客様が本当に必要な製品を、必要な時期までに入手するためのパートナーが求められていました。

解決

ステンレス流通商社としてNo.1の実績を有する阪和工材なら、国内の特徴あるメーカーから、世界各国のメーカーまで、多種多様な仕入先ネットワークを築いています。たとえ希少な組成の材料でも、それらの中から最適なメーカーを選定して調達することが可能です。また同様に加工先も、国内・海外を問わず最適地・最適工場で対応でき、お客様の材料・部材調達のパートナーとして、製品の品質向上や納期短縮、生産コスト削減に貢献できました。

ココガポント!

●世界各国の鋼材メーカーとの取引実績・ネットワークを保有。
●用途に応じ、多様な組成や特長のステンレス鋼も調達。
●世界の最適地・最適工場での加工を提案。

CASE2 ステンレス以外の鋼材も多種多様に調達

課題

ステンレス鋼を部材として使用しておられるお客様は、その他にもチタンやアルミ、銅、特殊鋼など他の材質を製品の随所に使用しておられることがほとんど。そのそれぞれのケースに見積もりを依頼し、購入先を検討・選定するのに時間と労力を要しておられました。また定尺品だけでなく、加工品となると、その材質・加工方法に応じた技術が必要となり、最終製品の品質を満たす部材加工先の選定には困難を極めておられました。

解決

「ステンレスの阪和」として定評のある阪和工材ですが、全国各地の営業拠点の仕入先ネットワークを駆使すれば、チタンやアルミ、銅、特殊鋼など、ステンレス以外の多種多様な鋼材の調達ニーズに対応でき、材料の加工方法に適した信頼できる加工工場も提案・紹介しています。たとえその仕入先や加工工場がお客様の必要とされている場所から遠方であっても、営業拠点の配送網を活かし、必要な時までに迅速に納入しました。

ココガポント!

●ステンレス以外の鋼材の取り扱いはもちろん、加工にも柔軟に対応。
●さまざまな鋼材の発注先が1カ所で済むのでお客様の手間が軽減。