先輩社員が語るヒューマンビジネスの現場

山本昌広
経営学部卒
2004年入社

私の仕事体験談

配属されて初めて経験した仕事が、見積への回答でした。当然ながら、どこから仕入れ、いくらで売ればよいかさっぱりわからず、返事が遅れてしまいお客様から注意を受けたのを覚えています。見積を依頼されるということは、商品を購入してくれるかもしれない、チャンスを与えてもらったということです。だからお客様に満足してもらえる回答を、できるだけ早く行わねばならないことを学びました。
反対に、先を急ぎすぎて失敗したこともあります。お客様から見積依頼と注文を受け、自分で判断して結果的に間違った回答をしてしまったのです。お客様に迷惑をかけたうえ、そのお客様を担当している先輩にも迷惑をかけてしまいました。「自分で勝手な判断をするな」と叱られたのは言うまでもありません。最初の段階で先輩に確認を取っておけば、避けられた失敗です。報告・連絡・相談の重要性を痛感させられました。
お客様への対応は、仕事をするうえで何より大切なこと。そこができなければ信頼を失い、注文も減ってしまいます。顧客満足実現の重要性を実感する今日この頃です。

会社について一言!

入社前はホームページやパンフレットの先輩社員の体験談などから、若いうちから責任ある仕事を任せてくれる、やりがいのある会社を思い描いていました。入社してみると本当にその通り!入社1年目からでも"任せてくれる"社風です。