先輩社員が語るヒューマンビジネスの現場

細井咲智
社会文化学部卒
2004年入社

私の仕事体験談

阪和工材のホームページでステンレスという素材が食器や包丁、台所の流し台など、暮らしの中の身近なものにたくさん使われていることを知り、私も人々の暮らしに貢献したいと入社を決めました。
私は営業事務として、営業社員が外回りの営業に集中できるよう、受発注業務やお客様からの単価や納期に関する問い合わせへの回答、外出している営業社員からの依頼に対応する役割を担っています。
入社当初は電話や注文がものすごく多いことに驚き、こんなに多くのお客様に対応しているのかと感心しました。どんなお客様がいて、どんな仕入先があるのかなど、毎日先輩社員をつかまえては数え切れないほど質問していたことを覚えています。電話を取ったのはいいけれど、相手の名前が聞き取れずに困ったことや、発注先がわからなかったこともありましたが、経験を積み重ねることで、お客様から注文された商品をどこから仕入れるものかも判断できるようになりました。何度質問しても、理解できるまで根気よく説明してくれる先輩たちのおかげで、前向きな意欲を持って取り組んでいます。

慎重でていねいな仕事がモットー

以前に一度、お客様の希望納期に間に合わないことをお伝えするのが遅くなり、お客様を怒らせてしまったことがありました。それ以来、連絡はすぐするように心がけ、お客様の信頼に応えるよう慎重に仕事に取り組むようになりました。とくに受注・発注の伝票チェックはていねいにするようにしています。そのこと自体は上司にほめられるのですが、ていねい過ぎて退社時間がついつい遅くなってしまい、「早く帰りなさい」と注意されることもしばしばです(笑)

会社について一言!

鉄鋼関係の会社ということで堅いイメージを抱いていましたが、お客様や先輩社員にとても優しく接してもらい、「この会社なら続けられる!」という自信を持ちました。面倒見のよい先輩に囲まれて、自分を成長させたいという気持ちを強く感じる職場です。