先輩社員が語るヒューマンビジネスの現場

岡島裕子
英語英米文学科卒
2004年入社

私の仕事体験談

阪和工材に入社して初めての仕事は、電話を受けることでした。最初に電話に出たときの緊張は、今でもよく覚えています。その後は、営業事務に携わっています。お客様から注文をお受けしたり、仕入先に発注したりという受注処理が私の主な仕事です。配属当初は電話を受けてもお客様の名前が聞き取れず、何度も聞き直してお客様を不愉快な気持ちにさせてしまったものですが、徐々に声を聞いただけで誰からの電話かわかるようになりました。「いつも電話応対が元気でいいね」って先輩からもほめられるようにもなりました。
また、仕事の優先順位をつけられるようになりました。当初は頼まれた仕事はすべてその日のうちにやらなくちゃと躍起になり、毎日手一杯になっていました。そんな様子を見かねて、先輩が「それは違う」と優先順位のつけ方を教えてくださったんです。やっていくうちに先輩の言ったことが理解できるようになり、手一杯の状態はなくなりました。
もちろん、失敗もたくさん経験しました。納入先の住所をパソコンに打ち込む時に「松江」と「松山」を間違え、島根県に行くはずの商品が愛媛県に行ってしまったこともあります。私にとっては単純ミスでも、お客様にとっては大迷惑な話ですから、信頼を損ねることのないよう注意しなければと猛反省しましたね。

ステンレスの種類の多さにビックリ!

私が知っていたステンレスといえば、流し台や台所用品程度でした。だから阪和工材に入社して、ステンレスの種類の多さに一番驚きました。一口にステンレスといっても、いろんな鋼種があり、それによって表面にも違いのあることにビックリ!また、注意してみると意外なところに多くのステンレスが使われていることに気づきました。ステンレスを扱う立場になって初めてわかることって、あるものだなあと感心したりして・・・。

会社について一言!

入社前は何となく堅いイメージを抱いていました。ところが実際には親しみやすい雰囲気で、先輩社員の皆さんともすぐに打ち解けることができました。緊張しながら出社しても、和やかなムードに癒されたものです。