COLUMN なるほど!豆知識

なるほど!豆知識

COLUMN (3)

鉄からステレンレスへ

ステンレスは、鉄などの一般的な鋼材に比べて材料費が高いため、従来はローコストが求められる用途には鉄にメッキなどの塗装を施した材料が用いられてきました。しかし、ステンレスは長寿命であることから、メンテナンスなどのランニングコストを考慮すると、長期的なライフサイクルコストは安くなります。
また、ステンレスは鉄に比べて硬くねばりがあるため、切断や削り・曲げなどの加工に、機械のパワーや刃物の硬さなどが鉄よりも必要となります。このことも、材料費の高さに加えて、ステンレス製品が高価になる理由となっていましたが、近年では技術面や材質面での技術開発が進み、加工性にも優れてきました。
「長寿命でライフサイクルコストが安く、加工もしやすくリサイクルが容易」となれば、いっそうの普及が進まないわけがありません。「鉄からステンレスへ」の流れは、各種製品メーカーやそのユーザーに熱望され、地球環境保全にも貢献する21世紀の素材のトレンドといっていいでしょう。

BACKNEXT
PageTop