COLUMN なるほど!豆知識

なるほど!豆知識

COLUMN (1)

ステンレスとは?

ステンレスとは、鉄にクロムを13%以上含ませた合金のこと。耐食性や機械的性質をさらに向上させるため、ニッケルやモリブデンなどの元素が添加されています。だからひと口にステンレスと言っても、その種類はJIS規格鋼種だけで70種以上。海外規格や各メーカーのオリジナル鋼種も含めると200種を超えます。
このステンレスは、1912年~1914年にかけて、ドイツ、イギリス、アメリカでほぼ同時期に発見されました。そのうちの一つ、イギリスでは1913年に地金研究家H・ブレリアンが、出来損ないの金属をスクラップ置き場に捨てたところ、しばらくたったある日、そのスクラップの山に錆びていない鉄片を発見。それがクロムを13%以上含んだ合金だったのです。「汚れ(Stain)」と「無い(Less)」を合わせて「ステンレス」と名付けられました。
錆びにくい秘密は、鉄にクロムを添加することで表面に非常に薄い酸化皮膜が形成されるから。しかもこの膜はたいへん強く、たとえ破壊されてもまわりに酸素や水蒸気、水などがあればすぐに再生して耐食性を保持します。偶然にも、スクラップからそんな“お宝”が出てきたわけです。

BACKNEXT
PageTop